やっぱり茶々がスキ

練習:其の参

次女のモモコです。3月3日にお迎えしたからモモちゃんです(センスね~!)
長女しずかとは両親が同じです。同胎ではないものの、正真正銘の姉妹でしゅ。
e0014343_10462663.jpg

モモは6つ子でした。ですが1匹は死産で、5匹はまたしても里子に出されました。
両親猫の飼い主さんとは直接の面識もありませんし、色々お話を聞いていると
まずお友達にはなれない人だって思ってました。
ですが、仲介さんに泣きつかれ、愛くるしい子猫たちを見てしまったシロクマは
私の反対を押し切って、モモを連れて帰ってきちゃいました。
後から聞いた話なのですが、その数日後、残りの子猫は捨てられてしまいました。



動物をあまり好きではない仲介さんの奥方は「逃げた」と言われたそうですが
まだやっとヨチヨチ歩きのチビ猫が、マンションの3階から4匹揃って逃げ出すとは
どうしても考えられません。
実はこのご夫妻(仲介さん)、しーの姉妹猫を引取ったものの、
「子供をひっかくし、噛むから」とケージ飼いにしてました。
更に数ヵ月後には「臭うから」と、再度里子に出しました。
数年後、その行く末を心配して尋ねた処、里親宅からも失踪したと聞きました(悲)

しーちゃんの里親を探していた時、2匹を我家で預かっておりました。
本当はもう1匹の子猫のほうが、美人さんで人懐っこくて
私はどうせ飼うなら、そっちがいいなって思ってたんです。
ですが、シロクマはコイツならどこでもきっと可愛がってもらえるから
家にはブサイク&無愛想なほうを選ぼうよ、と笑って言いました。
あの時、もしシロクマの言うことを聞かずに、もう1匹を選んでいたら
しーは今頃…そう思うと胸が締め付けられます。。。

そんなこんなで、きっと血の繋がった最後の姉妹猫です。
モモさんも甘ったれですが、しーよりは計算高いタイプです(笑)
他の子がイタズラしたら、真っ先にチクりにくる子で、もし人間だったら
絶対に友達にはなりたくないタイプかな~。でも、可愛いわが子です♪
「モぉ~モっ」と呼ぶとちゃ~んとお返事もします。
特技は「持ってこい!」 猫じゃらしを投げると上手に咥えて持ってきます、ハイ。
[PR]
by 2che-cha2 | 2005-07-01 00:03 | ニャン
<< 練習:其の四 練習:其の弐 >>