やっぱり茶々がスキ

<   2005年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

シーズーのトットくん。

月末は嬉しいお給料日♪でも、会社には厳しい支払日(笑)
支払いを全部済ませて、今日の夕方のお散歩はすっかり日も暮れて真っ暗な中、行って来ました。誰にも会えないだろうなーと、期待はしてなかったのですが、公園でむぎちゃんと会えたので、ちょっとだけ遊んでもらうことに。

「クンカクンカ…」暗いと拾い食いが心配です(T_T)
e0014343_12115884.jpg

暗がりからぬぅ~っと現れたのはシーズー。飼い主さんらしき姿はなく(つまりノリド)、しばらく途方にくれていると、これまた暗がりから若いお姉さんが現れました(驚)
茶々はまだパピーだった頃、シーズーに噛まれたことがあるので、小型犬は好きだけどシーズーだけは苦手だったんです。でも、とってもおとなしいワンちゃんで大型犬も怖がらないってことで、一緒に遊んでもらうことに。

シーズーのトットくんから、お尻のあがったフセのポーズで、遊びに誘います。やっほーい!と、茶々さんも走り出しますので、私もフレキシに付け替え一緒に走りました。(ロングリードは小型犬が一緒だと危ないので…)

ところが、突然倒れこむように、トットくんがうずくまりました。あわてて駆け寄ると、どうやら後ろ足が攣ってしまったらしく、ブルブルと震えています。私は心臓がバクバクするし、むぎママも顔が青くなってました。んが、おねーさんは全然余裕で、抱っこしたまま後ろ足をさすってあげてはいましたが「大丈夫です。ちょっと寒かったので…でも大丈夫。」と言うばかり。聞けばもうかなりのお歳らしく(若く見えたんだけど…)、最近はよくあることだからと。

それでも心配な私たちは、家はお近くですか?病院までお送りしましょうか?と言いましたが、やんわりと断られてしまいました。こちらに気を使ってそう言っただけで、あの後、病院へ行ってくれたならいいな~。

走りながらの接触は一度もしてないし、追いかけたのが茶々ではなく、追いかけられてたほうなので、少しは気が楽ですが、やっぱり一緒に遊ばせていて起こった出来事だったので、大丈夫だ!と言われてもなんだか気になってしまいます。こちらに落ち度はなかったとしても、こういう状況になった場合は、住所の交換とかしておいたほうがよいのでしょうか?う~ん(悩)

「トットくん、元気になったかな~?心配だね。」
e0014343_12123966.jpg

[PR]
by 2che-cha2 | 2005-11-30 22:43 | 茶々

ソレイユ♪

今日は川口駅前(からちょっとあるけど)に「Ilove生活」な某スーパー(笑)のオープニングイベントに女優の川原亜矢子さんがいらっしゃるそうです。もちろん、愛犬ソレイユも一緒!というか、見たいのはソレイユ!!(笑)

でもテープカットのイベントは朝の9時から。月末の前日ってこともあり、忙しいので行けそうにもなひ。残念(T▽T) 三郷のイトーヨーカドーがオープンの時も行きたかったけど行けなかったので、今度こそ!って思ってたのにぃ!

もう埼玉南部で新店舗開店はないかな?ぐしぐし…仕事しよっと(涙)
[PR]
by 2che-cha2 | 2005-11-29 09:45 | にちぇ

保護と多頭飼育。

用事で知人宅へ行くと、見慣れない子猫が数匹…。
「1つ持ってかない?」と言われましたが、無理です、無理(T▽T)

そのお宅、元々は今年で10歳になったオールドイングリッシュシープドッグがおりまして、これが超問題犬。家族・知人・獣医・トリマーさんと、彼女が牙をむいた人は数知れず…(怖)
軽く50キロを超える大型犬が、本気で向かってくるのは、かなりの恐怖です。生後半年くらいで、数ヶ月訓練所に預けていたのですが、ここがもしかしたらバリバリの強制訓練な処だったのでしょうか?凶暴で手がつけられない状態に陥ってしまったんです。訓練所から戻ってすぐは、(人間にとって都合の)よい子だったみたいではありますが…。もちろん、訓練所ばかりが悪いのでなく、飼い主さんの態度が一番問題なんでしょうけどね。オールドは頑固な性格だけど、穏やかでまったりした犬だと聞いていたので、あまりの変わりように驚きました。その後も、ちゃんと問題と向き合ってくれるトレーナーさんを探したほうがいいよ!と、何度も助言はしたのですが、当の本人(飼い主)はのらりくらりな生返事ばかりで、本気でどうにかしようとは思っていない様子。周りが騒いでも、本人がその気になってくれなければ、無理ですものね…。

そうこうして時は流れ、ご近所でも有名な凶暴犬としてのレッテルを貼られてしまったオールドさん。飼い主本人もすっかり諦めの心境なのか、最悪な事態(殺処分)こそ実行しなかったものの、次第に愛情は薄れてしまったのかもしれません。そんな時、たまたま迷い犬だったミックスくんを保護し、飼いはじめました。保護したばかりの頃は、「○○(先住犬)と違って、××(後住犬)はすごくイイコなのよ~」と、おとなしく従順な新しい犬のお世話に熱心でした。しかし、数ヶ月ぶりに家を訪ねた時には、おとなしかった彼もまた、先住オールドに従って、来客があればいつまでも吠え続け、郵便屋さんを噛み、知人の手には負えない犬へと変貌しており、そしてまた別の犬が増えていました。

2番目の犬が来たばかりの時と同じく、3番目の犬に飼い主さんの情愛は向かっているようでした。まるで飽きたオモチャを取り替えるように見えてしまう(悲)
1番犬・2番犬は外で暮らしているのに、3番目は室内。本来なら、先住犬がいるべき場所に、新入り犬がいる…先住犬の飼い主への不信感は増すばかりなのではないかと思い、生活ベースを見直すように助言したものの、聞き入れてはもらえませんでした。
そして今は4匹目の犬が知人のお気に入り。あれだけ可愛い!と言っていた3番目の犬も、玄関の横に繋がれっぱなしになってました。何でも噛むから触れない=リードも付け替えられないので、しばらくは散歩にも行っていないとか。知人にとっての犬の存在って、何なのでしょうね?

と、前置きが超長くなりましたが、そんな知人が次に癒しを求めた?のは、猫さんのようです。なんでもご近所の飼い猫だった親猫が知人宅のガレージで子猫を産み落とし、元飼い主さんは子猫の飼育を拒否。知人も困ってしまい、それでも犬がいるから飼育は無理だとエサだけ与え見守っていたそうです。4匹生まれた子猫は見る見る弱り、結果1匹しか生き残らなかったそう。そして、またシーズンが来て、今回3匹の子猫を産みました。知人はこのまま見て見ぬフリは出来ないと、家族の反対を押し切り、一気に5匹の猫を引き取りました。子猫たちは軽い風邪状態らしく、回復を待ってワクチン&去勢手術をする予定だそう。前の出産の時の子供猫(体はすっかり大人)は野良生活が長かったせいか、極端に人を嫌います。捕獲には網を使い、知人もまだ一度も体に触れたことがないそうです。そんな状態なので、病院にも連れては行けず。

「犬と違って猫は散歩いらないし、楽ね!」と言う知人に、返す言葉が見つかりませんでした。状況を知らない人が、迷い犬を3つ保護して(元々の飼い犬を含めて4匹飼育)、今度は猫を5つ保護したと聞けば、なんていい人♪と思うかもしれませんね。今の状態では犬にも猫にもストレスがたまっているのではないかと、心配でなりません。私には何もしてあげられないのに、知人を非難することは出来ないのかもしれません。ですが、何かが違う…ものすご~くモヤモヤした気分になってしまうんです。上手く言葉にはできないけど。

知人はものすご~く優しい人です。困ったワンコ・ニャンコを見過ごすことはできなかったのでしょう。でも、やっぱり限度ってあると思うです。特に犬はエサだけ与えるだけじゃダメですよね?ご飯は生きていくタメには最低限必要なことだけど、それだけじゃダメだと思う。お散歩は社会性を育てるし、トレーニングは心を育てるタメに、この2つも犬が人間社会で生きていくタメには、必要不可欠なことだと思う。。。今、あの家にいる犬と猫、幸せなのでしょうか?よくわからなくなってきました…。
[PR]
by 2che-cha2 | 2005-11-28 14:27 | にちぇ

松戸ドッグラン♪

随分前に下見には行っていたのに、中々都合がつかなかった「松戸ドッグラン」へ、やっと行ってきました♪今日はシロクマが工務店の旅行で、(いわき生まれでいわき育ちの人間が、いわきへ旅行 笑)朝、バスまで送った足で、そのまま茶々と母を拉致り松戸へ。

営業時間は朝9時からなので、途中コンビニで時間を調整したりして、それでも9時前についちゃったんです。でも、もう何組が先客がいました(笑)
大型エリアには、ゴールデンの姫ちゃん(♀3歳)と、ワイマくん(♂もうすぐ1歳)がおりました。まずはリード付なままぐるりと一周して、それぞれのワンちゃんとご挨拶。大丈夫そうなので、リードを外して追いかけっこ。

「今日はここで遊ぶのね?ワクワク ワクワク」
e0014343_10284365.jpg

「ゴロゴローン スリスリーン ウネウネーン」
e0014343_10293065.jpg

姫ちゃんは犬よりもボール♪なワンちゃんらしく、挨拶の後はマイペースにボールをかじってました(笑)ゴルさんにしてはタフなほうなんじゃないかしら?飼い主さんは華奢なおねーさんでしたが、「パワフルなのでとにかくお散歩は長時間、バテるまで付き合ったら、余計に体力がついちゃって…」とおっしゃってました。
ワイマくんはご挨拶の後もずっとリードをつけたままです。まだ1歳前ってことで、社会性のトレーニングに来てたのかな?遊びたくてワンワン鳴くと、お父さんはゲンコツで殴ってました(T_T)

「おかあさん、タバコ吸うの?じゃ、あたちも休憩~」※外の喫煙所にて
e0014343_10313294.jpg

1時間もすると、かなりのワンちゃんが来ましたが、ここにはフリーエリアはなく、大型・中型・小型でわかれているので、中型・小型エリアはそれなりに混雑してきましたが、大型エリアは相変わらず3頭で広々♪休憩エリア(木陰多し)に移動してる間に、5ヶ月のチョコラブちゃんが遊びに来てたみたいです。元気のカタマリ!リンちゃん(ラブパピー)はまるでチョロQのごとく、ダッシュ!ダッシュ!ダッシュ!(笑) それにつられて茶々おばちゃんも走りますが、すでに体力メーターは下降気味らしく、トテトテ走り。精悍さの欠片もありゃしません(笑) しまいには、5ヶ月の子に追いつけなくて、ワンワン吠えてるし( ̄▽ ̄i)

「姫ちゃんとリンちゃんのプロレスぅ~ 奥にワイマくんもいます♪」
e0014343_10305640.jpg

入り口の前でお座りして、「あたし、もういいです。帰りませんか?」なポーズを何度もするし、人間のお腹も減ったので、ドッグランを後にしました。帰りにスシローに寄ってお昼をごちになりました。生本ズワイ蟹、まいう~でした♪
[PR]
by 2che-cha2 | 2005-11-27 15:55 | 茶々

ゴロゴロマニア。

毎日のお散歩で必ずすること!それはゴロゴロ。。。
帰ってからブラッシングとか、すげー面倒くさいのですが(どうがんばっても、全部は取れない 涙)、どうしてもやめさせることが出来ないクセです。転がりそうなポイントは大体わかるので、ヤバそうだなーと思ったら、リードは短めに持ち、とにかく寝転がらないようにガードする以外、方法はありません。一度転がってしまったら、数回はウネウネしてからじゃないと「立って!」のコマンドも聞こえなくなります(シクシク)

砂が舞い上がります…げほっ!
e0014343_14592387.jpg

「ウネウネウネ…」
e0014343_150256.jpg

「アヒャヒャ!」
e0014343_1503195.jpg

「うひひ 満足♪」
e0014343_1511130.jpg

四方に囲いがある場所で、リードは絡んで危ないので外しましたが、この後すぐ装着してます(^^;)
[PR]
by 2che-cha2 | 2005-11-26 15:02 | 茶々

安全第一パート2!

昨日に続いて、某掲示板で見てきたお話について、ちょっと語ってみたくなりました(笑)

投稿者さんは交通事故で愛犬を亡くされたばかりだそう。犬をはねた車は徐行するわけでもなく、そのまま通り過ぎたそうです。当然、謝罪の言葉もなし。このことに投稿者さんはひどくお怒りで、マナーの悪い運転手に一言物申す!って感じでした。ですが、詳しい状況説明を求めると…ノーリードだったみたい。

犬好きばかりが集う掲示板でしたので、亡くなったワンちゃんのお悔やみの言葉はあれど、過失で言えば飼い主も悪かったという声がほとんどでした。むしろ、逆に犬好きな人が集う板だからこそか、直球はさけつつも、リードさえ放さなければ犬は死なずに済んだのではないかって意見も多かったです。私個人の意見としても、どちらかと言えばドライバーさんに同情しちゃう面も少なくありません。犬の力が強く引きずられて、人も一緒にはねれば、確実に車が悪いだろ?との意見もありましたが、それは揚げ足取りってもんで、コントロールできないのも飼い主の過失だと思います。(大きな犬なら尚のこと、躾は必須ですものね。)

私は車の運転もしますし、犬も大好きです。可能性としてはどっちの立場になりえることもあるわけで。自らノーリードにすることはあり得ないとしても、茶々さんの場合、脱走ってことがあるので、もしかして!ってことも考えられちゃうのが怖い(T_T) 運転だって、気をつけてます。でも、絶対って言えませんよね。夜道で突然飛び出されたら…(ゾゾゾ~)

法律とか難しいことはよくわかりませんが、いくら物扱いとは言え、よそ様で大切に可愛がってるワンコやニャンコを轢いてしまったら、かなりのトラウマが残りそうだし、逆にうっかり道路に飛び出してしまった茶々さんが轢かれてしまうようなことがあれば、頭ではこちらにも過失があったんだと理解できても、感情がついていかないと思うし…。

んー、何を言いたかったのか自分でもよくわからなくなってきました(^^;)
とりあえず、ノーリードは怖いですね。(結局これかよ!)

本文とはま~~~ったく関係ありませんが、最近寒くなってきたので、くっついて寝てる2つ。しーちゃんがももを襲ってるみたい?(笑)
e0014343_0102121.jpg

[PR]
by 2che-cha2 | 2005-11-25 01:20 | にちぇ

安全第一!

昨日、11/23は茶々さんが家の子になった記念日でありました。
ケーキを買ってあげようかな~♪とか色々と思いは膨らませつつも、
毎度のことなれど、結果スルー。ごめんよ(T▽T)

ちょっと古い話題になるのですが、東武鉄道の運転手さんが、ご自分の子供を運転席に入れたことで、処分になったって話。世間的には厳しすぎると同情の声が多かったそうですが、私は当然の処置だと思うのです。だって、彼が預かっているのは人命ですからね。もし子供が運転室(って呼び方でいいのかしらん?)で暴れたりしたら?と思うと、背筋がゾゾーっと寒くなるってもんです。詳しいことはよくわかんないけど、2歳とか3歳とか、まだすごーく幼い年齢ですよね?言ってわかる歳じゃないです。母親はいなかったのかしら?

昨日、たまたま覗いた掲示板で、激論が交わされていたものですから、なんとなーくネタにしてみました。私って冷たい人間なのかなぁ~。。。
[PR]
by 2che-cha2 | 2005-11-24 12:15 | にちぇ

病院とドッグラン。

薬湯の足湯+お薬が効いたのか、赤みは残っているものの、化膿は治まりました。この調子で2~3日すれば、すっかり良くはなると思うのですが、お薬の残りが少ないことと、肛門腺を絞ってもらいに病院へ行って来ました。

体重、24・2k。じんわりと増えてます( ̄▽ ̄i) 地面にお尻をずっていたので、てっきり溜まってるものと思っていた肛門腺は、さほどでもなかったみたいです。一応絞ってもらいましたが、いくらも出ませんでした。足のほうもついでに見てもらいましたが、消毒+塗り薬の処置で様子見でよいと言われ、ついでのついでにお耳も診て頂き、こちらは良好とのお言葉♪(嬉)

すぐにではないですが、内臓系の検査に必要な項目(と金額 笑)や、簡単な食事のことを相談させてもらって、今日の診察は終了です。診察台から下ろしてもらった茶々さんは、先生からオヤツをもらって、いっぱい×2ナデナデしてもらいました(^▽^)

「ご褒美トリーツはもう貰えないんでちゅか?」
e0014343_19372731.jpg

嫌なこと(病院)の後には、楽しいことってことで、舎人公園のドッグランに♪
前回、初めて行った時、寅ちゃん&ジョアンちゃんとご一緒した時は貸切だったのに、さすがに祝日だけあって、たくさんのワンコ&人でにぎわってました。
グレートデン・バセットハウンド・ケアンテリア、その他にも犬種名は知らないけどすごそうなワンコ(笑)などなど、普段のお散歩ではお目にかかれない珍しい犬種もちらほら。目の保養をさせてもらいました(はぁと)

「いっぱいいるね~。ちょっとドキドキしちゃうですよー!」
e0014343_1941395.jpg

まずランの外を一周。柵越しに何頭かのワンちゃんとご挨拶をさせてもらって、リード付なまま、ランの中を一周。パグちゃんとフレブルちゃんが熱烈歓迎してくれましたが、茶々さんはいたってクール(^^;) その後もビーグルさんや柴ちゃん、もちろんレトリバーさんもいっぱい遊びに誘ってくれたのですが、どうも腰が引けてます(笑)

今日は(今日も?)まったりモードらしく、ずっと金魚のフ●状態な茶々さん。せっかく来たんだから、少しははじけようよ~(T▽T) 仕方がないので、ランの端っこで「待て」をさせ、私だけが逆の端まで行き、「来い」で呼んで走らせること数回。これくらいいつもの広場で、いつものお友達と遊んでる時でも、呼び戻しができるといいのにな~(切望) まだまだ修行は続くのですぅ~。

「あ、お構いなく。端っこでまたーりしてますんで。」
e0014343_19421128.jpg

お家に帰って、茶飯の用意。冷めるまで時間もかかるし、ウンチョス様がまだなので、またお散歩に。広場でショコラ姉さんと合流。ショコちゃんパパさんが今週末から九州に単身赴任されるってことで、茶々さんもしばらくパパさんとは遊べなくなっちゃいます。ワンコたちは何か感じるものがあるのでしょうか?元々犬には人気のパパさんですが、いつも以上にパパさんにベッタリです。

8ヶ月の黒ラブちゃんとも久しぶりにご対面。前に会った時は4ヶ月でお散歩デビューしたばかりでしたので、大きくなったな~!と驚きました。黒ラブちゃんの飼い主さんはお若いご夫婦で、茶々さんのことをおりこうさんね~♪と褒めて下さいました。お世辞でしょうが、単純な私はものすご~く嬉しかったので、張り切って遠隔で色々指示してみたりして、見事に失敗させちゃいました(ダメぢゃん、自分!) また明日から頑張ろうっと(ぼそっ)
[PR]
by 2che-cha2 | 2005-11-23 19:46 | 茶々

白ちゃんと黒ちゃん。

今日はお昼のお散歩で、対照的な小型犬の飼い主さんに会いました。どちらも(多分)初めて会うワンちゃん。

一見トイプーっぽいけど、ミックスちゃんかな?と思えるくるくるカールなお毛毛の黒いワンちゃん。黒ちゃん(って勝手に呼んじゃう 笑)は、尻尾ブンブンでこっちに来たがってたみたいだけど、飼い主さんは「ヤラれちゃうわよ!」「負けちゃうから」などと私と視線は合わせないまま、ブツブツ言いながら、早足で通り過ぎて行きました。「ヤラれちゃう」って何だよ!感じ悪いな~。ぷんすか!(怒)

しばらく歩くと、青いおリボンをつけた真っ白フワフワなマルチーズちゃんが。茶々はいち早くその存在に気づいて、伏せて歓迎ポーズ♪白ちゃん(と、また勝手に命名 笑)のお母さんはニコヤカに「ご挨拶させて頂いてもよろしいですか?」とおっしゃって下さったので、「ハイ♪こんにちは!」と鼻チョンのご挨拶。「大きなワンちゃんはおとなしい子が多いですよね~」と、茶々のこともいっぱいナデナデしてくださいました(嬉)

色も対照的だけど、態度も対照的で面白かったです。
色んな人がいますね~(しみじみ)

途中で立ち寄った公園にて。
えりさんに頂いたブタさんプリントのお洋服、可愛いでしょ♪
「あっちに猫しゃんがいまちゅよ!」
e0014343_1203033.jpg

[PR]
by 2che-cha2 | 2005-11-22 12:04 | 茶々

靴下。

指の間のカイカイがまた再発しました。。。
ここんとこ、すっかり乾燥してるし、いい感じだね~!なんて
数日前に話したばっかりだったのに。
暖房がよくないのかな?

まだそれほどひどい状態ではないので、以前もらったお薬を塗って
ひたすらなめように監視です。
ナメナメ防止に靴下を履かせているのですが、すぐに脱いじゃいます。。。
おとなしく履いててくれるよい方法ってないかな~?

リステ●ン(口臭予防の液体)なら、犬に害もなく、ビター●ップルみたいな
効果が得られていいらしいと聞き、早速試してみたのですが
茶々さんにはききませんでした。全然へっちゃらで咥えてます(;´Д`)

「脱ごうとするとかまってくれるか、オヤツがもらえるわ!人間ってチョロイね♪」
e0014343_15304890.jpg

[PR]
by 2che-cha2 | 2005-11-21 15:31 | 茶々